CrjpClip

著作権のニュースやコラム

最近の著作権法ニュース

ここ2週間の、著作権まわりのニュースをまとめてピックしておきます。


新しいテクノロジーが抱える、新しいリスクを克服するために:Dentsu Lab Tokyo菅野薫と弁護士・水野祐がいま取り組む諸問題(WIRED)

AIによる創作物のルールメイクに関する発言が示唆的。以下、水野氏発言から引用。

「いまでも完全に手で描いたのか、コンピューターで一部生成しているのかわからないヴィジュアルがあります。視覚から判別できないから、ユニークな創作物として著作権で保護しないという結論は取りにくい。そのためにAIの創作物にはルールを定めて、すべてパブリックドメイン(社会の共有財産)として共有しようとする見方もあるけれど、そのAIを開発するのに多額なお金がかかっていれば、著作物として保護してあげようという見方もある。」

なお、Tシャツがmy bloody valentineですね(おそらく「Feed me with your kiss」のジャケットがデザインされたもの)。


「戦争の記憶を残すこと」と「孤児著作物」の問題(BLOGOS)

Yahoo! JAPANが、戦争の記憶と記録を伝えるプロジェクトにおいて、戦時中の絵葉書(軍事郵便)を掲載しようとしたところ、次の3つの著作権法上の問題に行き当たる。

1:著作権の保護期間が満了しているかどうか(「パブリック・ドメイン」にあたるか)の確認が困難 
2:著作権者が不明または連絡がとれない(いわゆる「孤児著作物」の問題) 
3:裁定制度の活用が困難 


日本の著作権議論で欠けていた、「国境を越えたコンテンツへのアクセス」の問題(欧州議会で著作権改正なう)
この「欧州の事例から考える著作権の未来」のイベントログを少し探してみましたが、ネット上にはまだないようです。


著作権が根拠なく奪われようとしています。(Mandolin Player Kzo Ishibashi Official Website)

【お願い】お騒がせしている件について(著作権問題)

【Aries(石橋敬三)】著作権侵害の申し立てが撤回!しかし・・・

この事件の発端については、下記のtogetterも参照。

【進展あり】レバノン人気歌手のMVに音源が無断使用された挙句、原曲に対しYouTubeで著作権侵害の通知→異議を申し立てるも却下される謎の事態に(toggeter)



【決着】写真を無断使用されたので、使用料金をご請求した件(旅するフォトグラファー 有賀正博ウェブサイト)
写真の著作物の権利者が、他のウェブサイトでの無断利用を発見してから、訴訟提起、被告の請求認諾(実質勝訴)にいたるまで、一部始終がまとめられています。


「録画代行業」で著作権侵害 容疑の無職男を書類送検(産経ニュース)

記事によると、「男はインターネット上にホームページ(HP)を開設。民放局の有料番組や、地域限定の番組の録画代行をうたい、客を募っていた」


著作権団体整備を支援 文化庁、ASEAN諸国で (日本経済新聞)

目的は海賊版対策のようです。



以下、法律家による著作権関連のコラムをいくつかピック。

店内のBGMと著作権~青山ではたらく弁護士に聞く「法律」のこと~(マイナビBOOKS/WD Online)

記事中から引用。
「伝達権は放送の場合だけでなく、配信されている音楽にも適用されます。ところが、上述した伝達権の例外は(有線)放送の場合だけで、配信には適用がありません。ですから、インターネットラジオを流すには著作権使用料を支払う必要があります。」


「あなたは何点? ~司法試験問題から学ぶ著作権」(骨董通り法律事務所コラム)


外注して制作した映像の著作権者は誰なのか(BUSINESS LAWYERS)


よくある法律相談-書籍の内容が無断掲載されてしまったら(聖法律事務所コラム)

ポケモンGOで学ぶキャラクターライセンスビジネス基礎講座(STORIA法律事務所ブログ)


『シン・ゴジラ』は製作委員会方式を終わらせるのか?(水野祐(@TasukuMizuno)のブログ)



以下、海外ニュースをいくつかピック。

テイラー・スウィフトらミュージシャンが議会に著作権法の見直しを求めている理由、そして今後の見通しは(GigaZine)


ロビン・シックとファレル・ウィリアムス、『ブラード・ラインズ』著作権侵害訴訟で上訴へ(ビッグ★セレブ)


Blockai、ツイートするだけで著作権を主張できるツールを提供(TechCrunch)


3Dプリンター技術の発展でEUが家具デザインに「著作権」を適用、保護期間が100年近くまで延長へ(gigazine)