読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CrjpClip

著作権のニュースやコラム

今週の著作権ニュース(2016/8/28〜9/3)

著作権 ニュース 音楽


まずトップニュースはこちら。

ウィーザーらを含む200人を超えるミュージシャン、”Blurred Lines”裁判の判決に反対する意見書に書名(NME JAPAN)


まずは、この判決にいたる経緯を確認しておきましょう。以下の2つの記事がまとまっています。


そして今回の意見書は、いわゆるアミカス・キュリエ(裁判の当事者以外の第三者)からの意見書(アミカス・ブリーフ)ですね。

NMEの記事には挙がってませんが、意見書をみるとR・ケリーも名を連ねています。ロック寄りのミュージシャンが多く、R&Bは少なめのような。

今回の意見書のポイントとしては、違法か否かの判断基準が明確でないと、ミュージシャンがこれから作曲するにあたって萎縮効果が生じてしまう、という点にあるようです。記事から引用。

「今回の判決は、違法な盗作と許されるべきインスピレーションの間に引かれていた意義深い標準的な境界線を取り除いてしまうことになり、確実に創造性の息の根を止め、創作プロセスを妨げてしまうことになるでしょう。法律はより明確なルールを規定すべきであり、ソングライターがいつその線が引かれ、少なくともどこで線が引かれたのかを分かるようにすべきです」

なお、この記事の元になったHollywood Reporterの記事は、以下のリンクから読めます(アミカス・キュリエの意見書本文も読める)。この件は、後ほど、もう少し詳しく書いてみたいところです。




他、海外関連のニュースは以下の2件。

ブロックチェーン技術で著作権を管理 【インタビュー】Blockai CEO, Nathan Lands(freshtrax)

インタビューの下記の部分が示唆的です。

「無断転用は問題ですが,やりとりがギスギスしてますね。もう少し平和な解決方法があればと思います。例えば偶然Googleの画像検索で見つけて転用していたユーザーに「この写真を利用するならこちらのページから$10支払ってもらえれば問題無いです」とかのメッセージが送信されるしくみとかね。」



海賊党レダ議員がEU"グーグル税"、著作権改革を批判する(ハフィントンポスト)



あとは文化庁関連のニュースを2件。

文化審議会著作権分科会 法制・基本問題小委員会(第3回)の資料がアップされました

今回の議事内容は、
(1)教育の情報化の推進について
(2)リーチサイトへの対応について【非公開】
リーチサイトの件は、業界のヒアリング資料があるようですが、非公開で確認できず。


著作権等管理事業法に関するパブリックコメント結果がアップされてます(e-Gov)