読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CrjpClip

著作権のニュースやコラム

今週の著作権ニュース(2016/9/10〜9/16)


今週のトップニュースは、やはりJASRACの件でしょう。

JASRAC、請求取り下げ 著作権契約巡る審判 (日本経済新聞)

JASRAC公取委に申し立てていた審判請求を取り下げた結果、排除措置命令が確定しました。(取下げ理由が書かれたJASRACのプレスリリースと、これまでの経緯、審決と判決の概要が記載された公正取引委員会のプレスリリースをそれぞれ参照)


経緯については、JASRACの記者会見の内容もふまえた以下の記事にまとまっています。
「フェアに戦いたい」 JASRAC、競合を歓迎 審判請求取り消しまで7年半かかった理由は(ITmediaニュース)


個人的には、記事のこの部分が目を引きましたね。

> JASRACの役員が今年6月に交代したことも影響したという。「公取委と戦い続けてきた役員に『こぶしを下ろせ』というのも酷な話だ。(6月に就任した)現在の役員のうち、排除措置命令が出た時の業務執行役員で残っているのはわたし1人。わたしがいる間に、結論を出そうと考えた」(浅石理事長)



次の話題。先週取り上げた、"リンク"に関する欧州司法裁判所の判決については、解説記事が出ています。

「無許諾コンテンツにはリンクを貼るだけで著作権侵害」--EU判決とリンクの自由(CNET Japan)


記事の後半はリーチサイトの話題に。記事から、ポイントと思われる部分を2箇所引用しておくと、

> 何がうれしくてそんなにリンクを表示するのかと言えば、広告収入のほか、アクセスが増えて喜ぶサイバーロッカーからのキックバック収入を受けているのだ。

> ユーザー同士の掲示板では、「●●1巻お願いします!」といった海賊版のアップ依頼が公然と飛び交うシャングリラ状態である。


リンク判決については、下記のブログ記事も参照。

第368回:欧州の著作権法改正リーク条文案と司法裁ハイパーリンク判決(無名の一知財政策ウォッチャーの独言)




次の話題。今週、経済産業省が出した次の報告書も、よく報道されていました。

第四次産業革命に向けた横断的制度研究会報告書を取りまとめました(経済産業省)

報道では、下記の記事にみられるように、GoogleAppleFacebookAmazonなどの巨大プラットフォーマーの独禁法違反該当性がピックアップされていたように思いますが、


著作権に関しても若干の記載が(報告書20p)。

著作権については著作権者の権利を不当に害さない範囲で柔軟かつ一般的な権利制限を検討すべきではないか、著作権等の権利情報の集約化やオープンソースライセンスの普及等のコンテンツ利活用の促進が必要なのではないかとの指摘もあった。」




そんな中、当のGoogle著作権侵害対策のレポートの、日本語訳をリリース。

Googleの著作権侵害対策日本語版が公開(マイナビニュース)


Google の著作権侵害対策 日本語版リリース(Google Janan Blog)




最後にその他の話題をご紹介。

ウェブの公開情報は「共有資産」と主張、 2ちゃんねる「全文コピペ」の著作権問題(弁護士ドットコムニュース)


茶園成樹『著作権法 第2版』は10月上旬発売(有斐閣)