CrjpClip

著作権のニュースやコラム

今週の著作権ニュース(2016/11/7〜11/12)


今週のトップニュースはもちろんアメリカ大統領選なので、この記事をトップに挙げておきます。

誰も見通せない「トランプ政権の知財政策」、福井弁護士が「通商協定」の課題指摘(弁護士ドットコムニュース)



トランプがなければ、著作権判例百選[第5版]の件がトップでした。

著作権侵害で出版差し止め 決定を取り消し(NHKニュース)

ニュースの要約によると、理由は下記のとおり。
> 知的財産高等裁判所の鶴岡稔彦裁判長は「改訂前の雑誌で教授は『編者』の1人だったが、実質的には助言する立場にとどまっていて、著作権はない」として、出版の差し止めを命じた決定を取り消し、申し立てを退けました。



その他のニュースを以下に並べておきましょう。

過去問のPDF化は「著作権法違反の恐れ」 指摘受け、旺文社が全データを削除 紙のまま保管へ(ITmediaニュース)

外部から指摘を受け」という部分がとても気になる。外部とは。


生演奏「著作権侵害」 JASRAC、静岡の飲食店提訴(静岡新聞アットエス)



権利者不明著作物を使うための制度の使いやすさ向上へ、権利者団体らが実証事業(日経ニューメディア)



市販図鑑405カ所を盗用 琵琶湖博物館、学芸員を処分(中日新聞)

記事によると、
> 盗用が見つかったのは、ウェブ図鑑の「里山のゴミムシ」「オサムシ」「トンボ」と、絶滅危惧種をまとめた「県レッドデータブック」の二〇〇五年版と一五年版。昆虫の大きさや外観などをまとめた「形態」の記述で、形容詞を変えるなどしつつ市販の図鑑三冊の表現を転記していた。